運動スポーツジムで筋トレを行う際は、無酸素運動と有酸素運動を上手く組み合わせて行うと効果が出やすいです。無酸素運動というのは、短時間に大きな力を発揮してくれる運動のことです。酸素を利用することなく、筋肉を動かすためのエネルギーを作ってくれることから、このような名前がついています。無酸素運動は、エネルギーを発生する際に、酸素ではなく糖をエネルギー源として利用します。筋肉量を増やすことで基礎代謝を高めることができるのが特徴で、短距離走、筋力トレーニング、ウエイトリフティングなどが該当します。スポーツジムの場合、トレーニング器具を利用した方法が該当します。無酸素運動は一度実践した後、ある程度の期間は休む必要がありますが、その休んでいる間に有酸素運動を取り入れると効果的です。

一方、有酸素運動は、中程度の負荷を継続的にかけて行う運動を言います。こちらは酸素を使用して、筋肉を動かしてくれるエネルギーとなる脂肪を燃焼させるので、有酸素運動と呼ばれています。有酸素運動としては、水泳、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどがあります。有酸素運動は脂肪燃焼効果もありますので、無酸素運動と組み合わせることで身体の引き締め効果を期待できます。

▽関連サイト▽MEGALOS|スポーツジム利用